尿素水エコツーライトとは?高品質、低コスト尿素水の実力について

株式会社トリ・トラスト エコツーライトのご注文

エコツーライトとは?

トラックやバスなどに用いられる尿素水運用において、噴射ノズルの先端に白い固形物が付着し、液だれを起こすという問題や、尿素水デリバリーパイプ内に堆積した白い固形物による不具合を起こす原因となるトリウレットの除去を実現した、世界で唯一の特許取得済高性能トラック、バス用尿素水です。

エコツーライトの価格、リッターあたり59円

エコツーライトだけが持つ真の実力

特許を取得!尿素水の製造方法、尿素水からトリウレットを除去

これまで、尿素水のタンクとDPFを結ぶデリバリーパイプの中に固形物がたまる現象がしばしば起き、これが原因で噴射ノズルの詰まりなどの故障の原因となっていました。 エコツーライトは、この白い塊が「トリウレット」という物質であることを突き止め、試行錯誤の末にこれを取り除く方法を開発し特許を取得しました。

トリウレットが及ぼす不具合の真相

トリウレット

写真①のマフラーは、トレーラーヘッドのDPF(上)とSCR(下)が一体となったものです。
このマフラーの場合、白い固形物は上下共にびっしりと詰まっていました。
上がDPFで下がSCRであるのに、どうして上にこれだけ白い固形物が溜まるのか?
それは構造上の問題です。


写真③の赤丸部分から尿素水が吹き込まれます。
上段のDPFにおいて、煤(すす)を除去したNOx(窒素酸化物)が含まれている排気ガスに、尿素水が吹き込まれ、熱によって分解(135℃以上)されアンモニアとなります。
NOxはアンモニア(NH3と反応し、窒素ガス・水・二酸化炭素になって大気に排出されます。
しかし・・ 噴霧するノズルの先端やパイプ内に「異物」が付着・体積したり、ノズルやポンプに不具合がでることで液だれをおこしたために・・

①だらだらと尿素水がマフラー内に滴下
②水分が離脱してビウレット→トリウレット→シヌアル酸に変化したと考えられます。

エコツーライトなら白い物質は溜まらないのか?

液だれが発生した場合、エコツーライトでも溜まります。 しかし、噴射ノズルの先端に白い固形物が付着し、液だれを起こすという問題や、尿素水デリバリーパイプ内に堆積した白い固形物による不具合などは基本的にトリウレットによる不具合であると言えます。

エコツーライトは「トリウレット」を取り除く技術を持つ
世界で唯一の尿素水です。

JIS規格適合品質

ディーセル排気 NOx還元のしくみ

ディーゼル排気のしくみ

アンモニア(NH3)が窒素酸化物(NOx)と化学反応することで窒素(N2)と水(H2O)の還元されることを応用したもの。 アンモニアを車輌に積むのは危険なため尿素水をタンクに入れて搭載し、これを排気ガス中に噴射することにより高温下で加水分解させアンモニアガスを得る。 このアンモニアにより窒素酸化物を窒素(N2)と水(H2O)に還元します。

JISK2247の適合品質要件をクリアー

                      
JIS規格の品質要件
密度 1.0870~1.0930(20℃)
屈折率1.3814~1.3843
アルカリ度0.2%以下
ピウレット0.3%以下
アルデヒド5mg/kg以下
不溶解分20mg/kg以下
リン酸0.5mg/kg
カルシウム 0.5mg/kg
5mg/kg
0.1mg/kg未満
亜鉛 0.2mg/kg
クロム0.2mg/kg
ニッケル 0.2mg/kg
アルミニウム 0.5mg/kg
マグネシウム 0.5mg/kg
ナトリウム 0.5mg/kg
カリウム 0.5mg/kg
                      
エコツーライトの品質
密度 1.0870~1.0930(20℃)
屈折率1.3835
アルカリ度0.1%未満
ピウレット0.3%以下
アルデヒド5mg/kg以下
不溶解分10mg/kg未満
リン酸0.5mg/kg未満
カルシウム 0.1mg/kg
0.1mg/kg未満
0.1mg/kg未満
亜鉛 0.1mg/kg未満
クロム0.1mg/kg未満
ニッケル 0.1mg/kg未満
アルミニウム 0.1mg/kg未満
マグネシウム 0.1mg/kg未満
ナトリウム 0.1mg/kg未満
カリウム 0.1mg/kg未満
分析依頼先:神奈川県産業技術センター 一般社団法人 日本海事検定協会

エコツーライトは完全クリアー!安全!安心!格安!にて、
各代理店で同品質の尿素水が提供できます。

特許を取得。高品質の理由

エコツーライトはどうして高品質といえるのでしょう?

尿素水SCRシステムを使用していくうえで、極めて重要な特許を取得したからです。
特許第5409948号で、名称は 「尿素水の製造方法、尿素水から卜リウレッ卜を除去する方法、水溶液からトリウレットを回収する方法」です。

エコツーライトは、尿素SCRシステムの不具合として発生する「噴射ノズルの先端に白い固形物が付着して液だれをおこす」、 「尿素水デリバリ-パイプ内に堆積した白い固形物による詰まり」の原因が「トリウレット」という物質と特定し、 トリウレットを除去した世界で唯一の尿素水といえます。
もちろん、JIS規格を高次元でクリアし、供給体制にも万全を期しています。
JIS規格における尿素水の正式名称「NOx還元剤AUS32」という規格を高レベルでクリアしています。

製造完成品1000Lごとに独自調査を実施

単にJIS規格品質要件に適合しているだけでなく、より高い品質にこだわってご提供させていただくのが、弊社のエコツーライトです。

さらに、万が一にも劣化品が出回ることの無いよう、当社では製造完成品1立方m(1000L)ごとに独自検査を実施しています。
そのうえで、もしもエコツーライトが原因で発生した事故に対しては

生産物賠償責任保険(PL呆険)にて1億円まで賠償いたします。

エコツーライトの実績(平成26年2月15日現在)
使用事業者様1600社 月間販売数量50万L

エコツーライトが原因による事故故障発生率0%

高品質なのになぜ安いの?

エコツーライトは適正な価格で販売しています。

私どもの感覚では、アドブルー(R)が高いのです! 現在、アドブルー(R)を製造・販売している企業は大企業(上場企業)が中心です。人件費や管理費 など、私ども中小企業とは雲泥の差であり、それが価格差となって現れます。

高品質・低コストを実現しています

アドブルーとのコストの違い エコツーライトとアドブルー(R)、製品原価に差は無いと思われますが、人件費や管理費には大きな違いがあり、それが決定的な販売価格の差となります。

エコツーライトにまつわる驚愕の真実!

お名前は出せませんが・某有名尿素水の配送事業者様がエコツーライトを使う現実!

2013年某日、当社に1本の電話がありました。
エコツーライトの新規のご用命であり、嬉しさに弾む気持ちでご依頼先の事業者様名をお伺いしたところ、 某有名尿素水を配送しておられる事業者様であることに気づきました。

本当に当社のエコツーライトをご用命なのか、正直なところ不安な気持ちを持ちました。
というのも、それまでに営業活動で訪問させていただいた事業者様のなかに、 エコツーライトは不良品であり「入れるとエンジンが壊れる」「マフラーが詰まる」など、 事実無根のデマを口にされる事業者様が少なからずおられたためでした。
ありもしない誹謗中傷をどうして受けるのか?やるせない気持ちlこなったのは一度やニ度ではありません。

そんな折に某有名尿素水を扱っておられる事業者様からのご用命は、にわかに信じ難いものでした。 不
安半分嬉しさ半分で初めての送品をさせていただいた際、社長様にどうしてエコツーライトをご用命になったのかをお伺いしてみました。
社長様はエコツーライトをご自身で調査され、品質に何も問題がないこと、 そもそも尿素水は排ガスに噴霧されるものでありエンジンに影響を及ぼす訳がないこと、 そして高品質でありながら低価格であるものを使うことは、経営健全化に寄与することをご説明くださいました。

これは涙が出るほど感動的な出来事でした。
私どもはエコツーライトを通して運送事業者様のお役にたてるものと信じております。
ぜひともご検討いただきたく存じます。


株式会社トリトラスト

尿素水「エコツーライト」の製造販売・環境事業管理コンサルタント

Copyright © 2014 株式会社トリ・トラスト All Rights Reserved.